◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

19年10月8日(火) P/ミニスカ部隊

不動産屋の事務員は、地元の地主を枕接待する便利なヤリマン牝に使われ、ジジイの愛撫に濡れ叫ぶ残業勤務

◆専門学校の多い駅近の不動産屋で事務をするJ子です。アパート物件を探しに来る若い子を、現場まで案内したりするわけですが、そういう昼間の仕事よりも、地主や物件のオーナーに土地建物を提供してもらう交渉が大切で、夜の接待が欠かせません。

いつでも地主オヤジに抱かれるオマ○コOKのSEX事務員なのがこのJ子です。一目で枕を一緒にするチ○ポおねだり事務員と分かるように超ミニだぞ、パンティは即ハメしてもらえるように穴あき着用を忘れるな…と命じられ、あんなジジイたちに股を開くなんて嫌…とすねても、ご褒美にお手当も彈むし、オレの若い男根で楽しませてやるから、地主のチ○ポにサービスしろよ…と言われ、根っからの好き者のJ子は、毎月4回以上は地元のジジイの男根を咥えています。

なぁJ子くん、今夜も悶々とマ○コ火照らせて、ワシがたっぷり検査してあげような、チ○ポで掻き回してな…と肩を抱き寄せ、熟練の手さばきで穴開きパンティの膣淵をまさぐり、飲み屋の座敷にいるときから、J子はヒィヒィとスケベ泣きに身悶え、あんぅ、☓☓さんのを早くしゃぶらせてぇ…と甘え、タクシーを呼んで地主と旅館に消えます。

翌日は、どれほど地主に全身を舐め回され、しつこくチ○ポ奉仕の相手をさせられたかを報告しながら、J子のマ○コを猛りマラでイキ叫ばせ、はぅ、美味しいの、一生懸命、枕業務しますから、強いチ○ポ与えてくださいね…と吸いしゃぶり、マンビラを剥き、突っ込まれて歓びます。

今度、地主連中から温泉旅行に行こうと誘われてるんだ、●●オーナーのチ○ポ愛人として行ってこいよ…と促され、ネックレスとか買ってもらえよ、お座敷ヌードショーしたり、仲間で輪姦もやるって言ってたぞ…と伝え、地元の有力者には便利なヤリマン牝ハメ子として使われています。