◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

19年12月16日(月) P/Sox&Ema 

失神しそうに淫猥なマンビラ食い込みビキニでマンズリ露出させられ、フェラチオ顔を見てもらう羞恥淫妻

◆あぁ、こんなの、水着じゃないわ、海水浴場に連れてこられて、一日中、大勢の見世物にされるなんて…と嘆き、羞恥に顔を伏せる露出妻の姿を嗤ってやってください、愛妻の水着はほとんど全裸同然の細ヒモです。

事務所を運営していますが、結婚してからも妻のEmaを役員として残し、定期的に出勤させています。仕事があるわけではなく、皆さま、ご苦労さまです…とフロアで挨拶し、スタッフの卑猥な視線を充分に浴びさせて、膝を曲げずに靴紐を直したり、しゃがんで限界まで膝を拡げ、色情パンティの喰い込むマンビラを視姦されて、生き恥を味わう激烈超ミニを穿かせて来社させています。陰唇のビラビラまで生々しく濡れているのを、スタッフが呆れて盗み見ています。モデル並みの悩殺プロポーションに乳房透けのブラウス、大陰唇スレスレの淫猥ミニを命じていますから、事務所スタッフの嘲りを浴びるのです。

打ち合わせ室のドアをわざと少し開け、椅子に座る私の股間に潜らせ、チ○ポを吸わせます。愛妻の生き恥ハレンチ服従を知るスタッフにしっかり覗かせるためです。くぅ、見られての、堪忍して…と嘆く妻は、懸命に頬をすぼめ、咥え音を響かせてしゃぶり、一刻も早く白濁汁を飲もうとします。

夏になれば、結婚前から羞恥調教されている妻を知る男性と一緒に恥晒しの海水浴に同行させます。素晴らしい悩殺ボディですよ、困って泣きそうになりながらマン汁いっぱい垂れてますよ、恥晒し淫乱の永久脱毛の陰唇を観察してもらいましょうね…と四つん這いやM字開脚でマンズリを促され、こんな躰にされてしまって気絶しそうだわ…と呟いても、途中から熟尻をスケベにグラインドさせ、アゥ、見てぇ、Emaはオナニーの後、必ず大勢に見られながらチ○ポ咥える色情フェラチオをやらされるんです、嗤ってください、チ○ポをお口に出し入れして喘ぐ、恥ずかしいチ○ポ奉仕の顔を見て…と乱れ悶えます。

Emaは事務所の役員を務めながら色情症の視姦餌食になり、休日も海辺の変態性器の晒し者として、主人である私に尽くしてくれます。