◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

19年12月23日(月) P/リバ

奴隷調教が完成してからは、恋人リバを拉致監禁され、淫売フィスト浣腸に寝取られる願望に浸るドMカップル

◆子供が3人、四十路半ばを超えた熟母マゾのリバです。亭主とは離婚し、一匹のドM愛人として躾けてきました。167センチの高身長は、擦れ違う男たちの目を引きます。フィストも浣腸スカトロもこなす真性の嬲られ女として絶叫泣きにしごいてやりますが、私自身も寝取られ趣味のドM性癖で、カップル揃って恥辱の墜落を望んでいます。

熟マゾの恋人リバは、地元の組織に拉致され、全身入れ墨の屈強な奴らに3日も4日も一睡もさせてもらえず輪姦され、強姦チ○ポに、ひぃぃ、熟母リバは、皆さまの組織に飼われるぶち込み淫売奴隷にしていただきます、浣腸の肛門穴に男根をおねだりし、肛門フィストに叫び泣かせていただき、朝から晩まで変態レイプのお客様をお相手いたしますと、組長様の股に潜って肉棒を吸うSM売春婦にしてもらうったら、すごく興奮するだろ…と卑猥に促せば、気絶しそうに興奮し、お願い、変態強姦専用の奴隷熟女にして、組織に差し出して…と燃え乱れます。

彼氏である私自身は、愛人リバの横に袋叩きに転がされ、ねぇ、あなた見てください、リバはこれから十数人のお客さまのチ○ポを吸って、全身にザーメン浴びて白濁漬けに精子を飲むの、リバの食事は射精だけにされて、肛門輪姦や、オマ○コに腕っぷしを埋められる拷問調教されるの…と聞かされ、その間、黒人に男根を踏み潰され、センズリもできないフニャフニャの壊れチ○ポにされ、どんなに恋人が虐められて悔しくても、勃起するのも禁じられてしまう…そんな想像に浸る、不甲斐ないマゾ野郎にされるのを望んでいます。

キンタマを潰され、射精を禁じられ、その目の前で奴隷愛人リバは、歓楽街の裏で変態客を誘い、ねぇ、お願いしますわ、街のどこでもオマ○コ拡げてチ○ポを食い締めます、夜は場末のストリップ劇場で、本番の生板ショーで浣腸セックスしていますので、そちらの方にもお越しくださいませ…と酔っ払いの客を拾う淫売にされてしまうのを熟母リバに勧めています。