◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年1月7日(火) P/リビドー

専務夫人はご主人公認のアナル姦通マゾに調教され、肛門で乱れ叫ぶビデオを持ち帰り、自宅でもお仕置きアナル責め

◆専務夫人の奈々子です。私ら係長止まりの社員では会って口を聞いていただくのも叶わない高嶺の花ですが、おい、奈々子…と呼び捨てにし、今日は下請け会社のKさんも参加して輪姦だぞ、もっと卑猥にデカ尻を振って挨拶するんだ…とムチでバチンッと尻肌を叩いて気合いを入れれば、はぅぅ、☓☓専務の妻、奈々子でございます、本日はスケベな奈々子を思う存分チ○ポ責めにして懲らしめてくださいませ、特に発情した肛門穴に突き埋めて、アナル叫びを搾って欲しいの…とヒップを踊らせ、くぅ、哀しいわ、こんな惨めな挨拶をこなすマゾ淫婦にされてしまって…と切なく呟いても、恥知らずに淫蜜をこぼし、排泄器官までとろけて口を開けています。

実はご主人である専務本人から依頼され、令夫人の奈々子を辱め、アナル奴隷に調教することになったのです。詳しい経緯は省略しますが、上品育ちの妻をえげつない尻マ○コの熟婦に変えてほしい、犯されて帰宅した日も、ワシの嫉妬チ○ポを欲しがって咥えるド淫乱な性欲に開発してくれ…ということで専務公認の姦通がスタートしました。

慎ましく奥手の性格でしたが、元々のマゾ性感は最高ランクで、泣きながら拒んでも躰が驚くほど燃え盛り、尻の穴を指で触られ、羞恥狂いに羞じながら肛門挿入に絶頂してしまうマゾ性癖になりました。

ほら尻の穴に他人チ○ポねじ込まれて叫び歓ぶ、変態SEXをビデオに撮ってるからな、持ち帰って亭主の専務にしっかり鑑賞してもらえ…と恥辱を煽れば、あなた方にチ○ポ服従を誓って、肛門に食い締めているのを主人に見られるのがいちばんの生き恥ですわ、恥ずかしくて涙がこぼれるのに嫉妬するお仕置きチ○ポを叩き込まれて、一睡もせずに夜どおしイキ泣かされるのよ…と白状しながら身悶えます。

最近では育ちの良い奥様が、オシッコの自由まで管理され、肛門支配と排尿管理のマゾ淫婦として呼び出し場所に通ってきます。