◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年1月15日(水) P/ハンター 

誠実な保母も勤務が終われば、街を裸で小便徘徊させられ、毎晩、浣腸SEXに肛門を欲情させるマゾ奴隷の日課

◆園児に好かれ、父母の信頼も厚い25歳の保母、桃子です。でもプライベートでは変態露出の犬として僕に飼われています。あぁ、近隣は園児のママやお父さんばかりなのよ、こんな姿、見られたらこの町に暮らせません…と嘆きますが、首輪に繋げば、シクシクと泣いていても吐息がマゾ喘ぎに変わり、あんぅ、許してください…とすがりながら尻を振り、膣裂に淫汁をこぼして引かれて進みます。おら牝犬のシーシーの時間だよ…と促され、うぅ、惨めです、こんなの世間に見せられない…と咽びながら、路上にジョジョーっと小便を撒き散らします。ほら本当の犬よりも卑しい変態ペットらしくマーキングしろ…と睨まれ、保育園の庭や公園、自宅の曲がり角などにしゃがまされ、シャーっと何回もオシッコを飛ばします。訓練され、少し洩らしては止められるようになりました。お願い、羞恥まみれにオシッコ露出しましたわ、堪忍して…と哀願しても、路地裏のアダルト店に連れ込まれ、素っ裸になって大人の玩具を買わされるのが、桃子の夜の生き恥です。

アァ、桃ちゃん、いらっしゃい、堅実なまじめ保母さんが、とことん変態露出の奴隷マゾに堕ちていくんだね…と店主に感心され、悪い男に捕まったよな、汚辱の命令に逆らえずに濡れ盛って、今日は何を買うんだい…と尋ねられ、そんなふうに蔑まないで、グリセリン浣腸液とイチジクをください、アナル栓もこの前より太いLLサイズをお願いします…と意識を失いそうな恥に包まれて購入します。

このアダルト店では、桃子が調教初期の頃から見世物にされ、縄やバイブ、肛門プラグを購入して、マゾ淫乱に染まっていく桃子の奴隷ぶりを知られています。

帰宅すれば、どうぞ、牝犬の桃子に浣腸をお願いします…と夜のお務めをリクエストし、浣腸アナルにご褒美の男根を欲しがり、オマ○コ牝の礼儀作法を訓練されます。ねぇ、裸小便のお散歩がどれほど辛いか分かってください、職場では酷い命令を下さないで…と懇願しても、一瞬も牝犬の身分を忘れるなよ…と脅され、菊腸に拡張具を埋め込まれ、無毛性器のクリ陰核にはクリサックを装着され、児童の相手をするときもマ○コと肛門は常に発情して、夜の辱めを待つ躰にされています。勤務が終われば必ず街を小便しながら徘徊させられ、青姦責めです。