◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年2月19日(水) P/モンブラン

キャリア職の聡明妻は、職場でもオムツにお洩らし小便する変態羞恥に染まり、窓を開けて近所に覗かれ浣腸

◆愛妻ナツミは、有名企業のキャリア職を勤める聡明な才媛ですが、そのことを言われると可憐な瞳を羞恥に潤ませ、あぅ、そんなふうにからかわないで…と理知的な顔を伏せてしまう秘密があります。ほら正直に答えるんだ…と意地悪に問い詰めれば、くぅぅ、勤務中も4回、オムツにお洩らししました、ナツミは会社で周囲に隠れてオシッコしちゃう、恥知らずなOLです…と呟きます。そうです、若妻のナツミは勤務中も隠れ小便する羞恥マゾに躾けられ、僕と結婚しました。

もちろん婚礼の披露宴でもウェディング・ドレスの下にはオムツを当て、オシッコを粗相しながらキャンドルサービスに大勢のテーブルを廻りました。新婚旅行も南の島で露出小便させ、オムツも手放せず、ナツミはご主人様の従順な羞恥排泄嫁になって仕えます…と宣誓させ、会社にはオムツして通勤するのを約束させました。

オムツ勤務の赤ちゃんOLですもの、ねぇ、すぐチ○ポ吸わせてぇ、ご命令どおりぐっしょりとオムツ汚してるから、新しいオムツに替えてください…と帰宅すれば膣穴を検査してもらうのが日課です。オムツの新妻ベビーにされてオマ○コは淫蜜であふれています。恥ずかしくて卒倒しそうなのに、チ○ポをズボッと埋めて欲しくて膣襞が開き疼いています。

オムツ赤ちゃんのナツミに、哺乳瓶代わりのチ○ポから濃いミルクを飲ませて…と求めても、今日はウンチが先だろ…と促せば、自分の細指にイチジク浣腸を握り、アナル皺に沈めて押し潰します。見てぇ、変態ベビーにされてしまったナツミのウンチ姿…とお洩らし排便を始めます。リビングのカーテンを開き、うぅ、泣きそうなのよ、必ず窓を開け放ってオナニーさせるのね、近所に覗かれてしまうのよ…と涙声になっても、興奮は最高潮に達し、あぁ、ナツミのマンズリ絶頂を覗いてください、近所の嗤いの的にして…と激しくアクメに果てます。最近は自分から窓を開けて、浣腸排泄を近隣に覗かせるようになりました。