◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年2月20日(木) P/ジャック&ベティ

地味な事務職員が制服を驚愕の色情症ミニを着用し、社内で露出フェラと姦通を周囲に晒す奴隷熟女

◆この会社の実権を握ってからは、これまで表沙汰にしなかった社内の奴隷愛人、ベティを専属秘書に昇進させ、職員に知れ渡る羞恥勤務、性奉仕職務を命じ、露出恥辱に恥泣く姿を職員に目撃させ、休みなく虐めて楽しんでいます。

これまでも外では奴隷として気絶しそうな辱めを繰り返してきましたが、勤務中は、一応、いるかいないか分からないほど地味で堅実な事務OLとして働いていました。それがこの熟女年令になって、制服を驚愕の恥狂い超ミニに裁断して身に着け、おい、あの慎ましい事務職員が、色情の熟れ牝ミニで膣唇を丸見えにして秘書昇進だよ…と会話が交わされ、ベティは周囲の蔑みを一身に浴び、おい、朝の打ち合わせだ、執務室に来てくれ…と呼ばれ、お願いですわ、ドアを閉めてください、職員に覗かれます…と涙ぐんでも股間に正座し、生き恥奴隷のフェラチオ職務を尽くしますわ…とドアを開いたまま男根に吸い付き、朝の精汁を飲むまで舌を動かします。

執務室で性奉仕させられるだけでなく、お願い、職員が入ってきます、制作フロアでは堪忍して…と泣きじゃくって嘆いても、おまえは職場の誰に見られても、マ○コに突っ込まれてよがり歓ぶ恥晒しの色情症じゃないか…と皆の出入りする職場で挿入されるのが頻繁になりました。

☓☓さんは、痴態をわざと見せて発情する変態熟女ですものね…とスタッフに嘲られる晒し者です。会議の珈琲を用意するときも、ノーパン秘唇を制服ミニから覗かせるのが彼女の務めです。

通勤電車でも下着を与えられず、菱縄に果肉を弄ばれ、通勤客の気配を気にしながら、途中で我慢できず、はぅぅ、お願いですわ、花弁を触ってください、縄濡れ性器が刺激を欲しくて耐えられません…とすがり、乗車客に痴漢してもらえよ…と勧められ、地味だったベティは、通勤にエロ肢体をくねらせ、痴漢の餌食にしてもらう露出狂の痴漢おねだり変態女になっています。

こんな静かでおとなしい顔をして、生き恥アクメをいただくために大胆な見世物になって男根アクメなしに生きられない奴隷となりました。