◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年3月13日(金) P/相性OK

雇われたばかりの美人薬剤師は、商店主の計略に堕ち、集会でマ○コお触り熟女にされ、連れ込み旅館で輪姦責め

◆アーケード商店街の薬局に新しく雇われた美人薬剤師、四十路になったばかりのM代さんです。気品があって朗らかで、すぐ商店街の店主とも馴染み、店主の集会にも積極的に参加して、打ち上げにも付き合ってくれます。ずいぶん遅くまで、旦那さんは心配しないの…と聞くと、長期出張の多いご主人で、早く帰っても寂しいだけだから…とのことで、薬局の昼間も、夜の集まりも、店主たちの熟女マドンナです。

亭主も出張が多く、熟れた肢体は寂しく悶々としてるに決まってるわけで、商店街の飲み会で断りきれないM代さんに無理やり飲ませ、その夜は連れ込み旅館でのしかかり、貞操を奪いました。わたし、そんなつもりじゃありません…と抵抗しても、途中から啜り泣きが艶っぽく積極的になり、いやぁ、だめです…と拒む声も、男を欲しがっているように色っぽくなり、姦通に大きく股を割って私のマラ茎を喰い締めました。

それからは肉体関係を隠そうとしても、商店主たちの目にはバレバレで、M代さん、薬局に勤めてすぐ商店街に男を作るなんて、亭主や世間にしれていいのか…と皆に迫られ、口止めを口実に、集会には必ず呼ばれ、M代は飲み会のオマ○コお触り熟女にされ、乳房を揉まれ、M代さんは見かけによらず好き者なんだね…と皆が交代で無理やり接吻し、酔わせて旅館に連れ込みます。

浴衣の裾を割れば、見ないで…と羞じすがりますが、ムンムンと湿った土手肉に陰唇が口を開け、内襞が蕩けています。ほらM代さん、赤貝が剥き出しになるまで指で拡げて、おねだりしてごらん…と皆が囲んで見下ろす前で、はぁん、M代のオマ○コ、ご覧になってぇ、今夜は皆さんでM代をよがり泣かせて…とすっかり熟女ヤリマンに仕上がりました。

白昼、デートに連れ出しては下着姿にして草陰でチ○ポをしゃぶらせ、亭主に内緒でチ○ポ好きサセ子に仕込んでいます。ほら商店街の皆さんとヤリまくるハメ熟女マドンナだもの、今夜は輪姦パーティだぞ…と旅館に宿泊するのが頻繁になっています。

M代も複数チ○ポに躰が馴染み、驚くほどエッチな喘ぎ声を響かせ、あぁ、皆さんでマワしてください、M代はチ○ポおねだり薬剤師ですわ、一晩中、ザーメンを注ぎ込んでぇ…と甘え、次々と肉棒を咥えて廻ります。