◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年4月30日(木) P/乱介

七十歳にして四人目の嫁を娶り、ますますそそり勃つ男根に仕込んで隷従の恥悶えを磨き、近隣に見せ付ける毎晩の合体

◆七十歳の古希を迎えましたが、バーやスナックの経営、愛人の開拓と意欲満々でございます。また離婚を繰り返し、4回目の結婚となるのですが、ご覧の通り新しい嫁を迎えました。二十九歳も歳下の新妻、♀乱菊です。乱菊も第二の人生を安心して身を任せることのできるご主人様を探し、婚活していたようで、縁あって知り合い、そそり立つチ○ポに陥落しました。

私好みのスケベ嫁に躾けているので、一緒に車で外出しても熟れ盛りの陰肉を常に露出させ、駐車場に戻ってきても、どうか、ここでは堪忍して、近隣の住人に知れ渡ってしまうわ、お家に入れてください、わたし淫らに燃えて、精一杯マラ吸いご奉仕を務めますから…とすがりますが、わしがここで咥えろと言えば、即座に吸い付いて生き恥に濡れ喘ぐのが新妻の作法だろ…と叱られ、はぁん、ごめんなさい、ご主人さま、この頃は近隣の方々の噂の的なんです、非常識なハレンチ熟女が色情痴態を晒して、どういうつもりだなんて蔑まれているのよ…と苦悩を告白しながら逞しい男根サイズに淫欲を高め、あんぅ、美味しいわ、チ○ポ、玄関に入ったら即ハメ肉棒をお願いね…と舌でマラスジを擦ります。

和室ですぐ浴衣に着替え、はぁぅ、お縄をください、乱菊はあなたに囚われた嬲られ熟女でございます、一瞬たりとも休みなく辱められて、ご主人様の奴隷妻に成り果てますわ…と縛られ、剥き膣に電動バイブを沈められ、ひぃぃ、どれほど気をやれば生のチ○ポを与えてくれるの…と悩ましく臀肉を揺すり、見てぇ、淫汁の濡れ滴る嫁マ○コ…と乱れ悶え、膣襞に男根挿入を求めます。

いいか、来月の温泉旅行では、家でぶち込むのと同じように、混浴の露天風呂でもパイパン無毛の膣穴にわしの猛りマラを食いしめて、周囲の男たちによがり泣きの恥肉を鑑賞してもらうんだぞ…と命じて出し入れすれば、はんぅ、イッちゃいます、ご主人様に仕込まれる奴隷嫁ですもの、露出性交のすべてを周囲に見てもらって、恥叫びいたしますわ…とのけぞり果てます。