◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年5月8日(金) P/湘南のポチ 

ヤリ妻は常時5人以上の若い男をキープし、寝取られ旦那に浮気ハメを見せ付ける夫公認の誰でも日替わりサセ子

◆クリニックの受付を担当する愛妻、ミーです。若い頃から誰にでも股を開き、突っ込まれて歓ぶ、亭主公認のふしだらマ○コ妻に教育してきました。お誘いサセ子の暮らしが当たり前のヤリマンなのは、クリニック関係者にも知れ渡っています。もちろん院長にも抱かれ、飲みに誘われれば必ずその後ホテルでねじ込まれ、ザーメン洪水の膣襞になって帰宅します。検査技師にも全員にヤラれています。

それとは別に、飲み屋で知り合った若い男にも色目を使い、常時4、5人はセフレを確保して日替わりでハメ合う日々です。今回の相手はその仲間のN君です。ねぇ、旦那も一緒について来るの?、二人だけで会ってイチャイチャしようよ…と私が同行するのを嫌がりますが、妻と彼のLINEはすべて確認し、嫉妬に欲情興奮している亭主の私です。私は寝取られマゾ旦那で、妻のミーが上司に犯されたり、若い極太にヒィヒィ泣かされて、デカケツを振って絶頂するのを鑑賞するのが大好きです。

N君とは駅で待ち合わせ、電車を待ってる間も我慢でずに妻のスカートを捲ってマンスジを撫で回します。他の乗客に見られても構わず股布から指を埋めて喘がせ、淫汁を掻き出します。もう待てないよ、電車降りたら駐車場で即ハメしていいだろ…と迫られ、スケベなミーちゃんは階段で仰向けに転がされて、勃起チ○ポを入れられてしまいます。

あぁぅ、困るわ、人が来る…と心配しながら股をせり上げて即アクメに達しました。N君は遠慮なく大量の白濁を注ぎ込み、ずっと同行する亭主の私に、これでもか…というくらいに若い射精を見せつけるのです。はんぅ、あなた見てぇ、こんなに濃いチ○ポ汁を注がれちゃった…と妻も、私の寝取られ興奮を煽ってパイパン性器を剥き開いて挑発します。

ラブホに入れば、もう旦那の僕の存在は無視され、ここにいないものに扱われ、二人でイチャイチャとキスを交わし、はぁん、マ○コ触ってくれるから嬉しい…と妻もエッチな関係を楽しみます。夫の私が見ているのに、二人は本物の夫婦のようにチ○ポとマ○コを触り合い、アンアンと喘ぎ合います。

ミーはN君の肉棒をしゃぶるフェラ顔を私に向け、美味しくて硬いチ○ポなの…と舌を絡ませ、吸い音を響かせ、肉穴にぶち込まれてからはジュボジュボと膣肉に出し入れされて汁の噴くマ○コ削りの淫音を高め、アクメ叫びです。