◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年5月13日(水) P/らそらそ 

こんなこといけないわ、帰して…と涙ぐむ兄貴の嫁は、罪深い肉体関係に溺れ、毎回とどめは中出し精子をおねだり

◆あぅ、もう呼び出さないで、いけないわ、こんなこと…と涙目で俯く伸子さんは、兄貴の嫁です。わざと丁寧に、義姉さん…と呼べば、さらに困った表情になり、お願い、帰して…とすがります。片付けを手伝いに、兄貴のいる実家を訪れるうちに、こんな禁断の罪深い肉体関係になりました。

おい伸子…と、義姉さんからわざと名前を呼び捨てに変え、伸子は兄貴の嫁だけど、僕にオマ○コを捧げた女だろ、ほらこのギンギンに青スジの浮き出たマラ胴でマン襞を削られて、理性も世間体も失って叫び悶えるド淫乱な兄貴の妻じゃないか…と羞恥をいたぶられ、あぁ、なんて辛い言い方するの…と呻いても、強引に脱がされるだけで吐息がせわしく上ずり、やめてぇ…とせつなくうろたえながら、義姉さん、こんなにピンピンに尖らせて濡れてるよ…とクリ芽肉を摘まれ、膣淵を掻き撫でられ、ひゃぁ、許して…と早くも達してのけぞります。

ほら伸子、言えよ…と耳たぶを甘噛みされ、浅襞に指入れされ、はんぅ、してぇ、兄嫁の伸子は、弟様のチ○ポに犯していただく罪深いふしだら嫁ですわ、伸子のマ○コ、懲らしめてください…と辛く教え込まれて不貞のセリフを口にします。この挨拶を言わされてしまうと、兄貴の嫁は躰から抵抗の力が抜け、メロメロの言いなりになって肉棒に吸い付きます。美味しいでしょ、義姉さん、弟のチ○ポの方が大きくて嬉しいですって言いなよ…と迫れば、くぅ、いじわる、恥ずかしいこと言わせていじめるのね…と赤面しながら、あの人よりも太くて立派ですわ…と乱れ喘ぎ、ハァン、ください…としゃぶり、手で握ってオマ○コに導きます。まだ入れてあげないよ、オマ○コの奥まで拡げて見せてよ…と焦らし、包皮を剥いてクリ柱を晒し、大陰唇を指で裏返して内襞の粒粒が濡れて露呈するまでマ○コを開かせます。お願い、丸見えにしました、この穴にチ○ポ突き入れてください…と艶っぽくおねだりさせます。

じっくりと肉襞に埋め込み、義姉さんのマ○コ、よく締まるよ、兄貴に抱かれる夜は俺にメールで連絡して、お兄さんにハメられます、お許しください…と許可を求めるんだぞ…と命じながら濃厚射精を膣底に流し込みます。