◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年5月26日(火) P/サヤカ

元同級生のアイドル美人は、クラスの嫌われ者にチ○ポ強姦され、革パンティで同級会に出席する精子飲み人形

◆将来を嘱望されるエリート社員と結婚した美人妻、サヤカです。そしてなんとサヤカは、中高とボクの同級生、クラスメイトなのです。他校からもアイドル美人と評されるほどに人気で、当然クラスでもモテモテ、学校随一の清純派マドンナでした。それに比べてボクは、キモい、暗い、臭いと蔑まれる嫌われ者で、もちろんサヤカの婚礼など招待されませんでした。

サヤカが大学に進学した後もずっとストーカーし、監視し、結婚した彼氏にも仕事を利用して近づきました。まぁ様々な事情があり、サヤカを卑怯に騙して強姦しました。男根だけは強かったのです。泣き叫んで抵抗したのですが、ぶち込みチ○ポから逃げられず、そして途中からよがり声を洩らし、恥辱のアクメに果てたのです。それからは旦那にバレていいのか、知られたくなかったらオマ○コに従え…と脅し、毎回、人でなし…と憤りながら強姦チ○ポに気絶し、ボクのザーメン女にして辱めています。

下品なチ○ポの味を教え込まれ、嘆きながら濡れるマゾ若妻です。こんな処で裸にしないで、他人に見られたら…と羞じ震えても、コインランドリーで全裸露出してチ○ポをしゃぶらせ、くぅ、サヤカはどこでも同級生の☓☓さまのチ○ポ吸ってザーメンを飲みます…と悔しい挨拶を言わせます。城跡の石垣で素っ裸にされ、ガニ股開きでVサインする写真を見てください、高校時代、この城跡公園でサヤカとデートしたかったんだ、やっと希望が叶ったっよ、しかもこんなマ○コ丸出しの卑猥ポーズで、ボクの精子飲み人妻になってくれるなんて最高だよ…とからかえば、サヤカは苦渋に表情をしかめながら、羞恥の牝汁を垂らすほどボクの調教に躰が順応しています。

そして遂にサヤカを連れて同級会に出席しました。他の奴らがサヤカとボクの密着した様子に驚き、ギョッとし、嫉妬の視線を向けますが、サヤカは真っ赤にうつむきながらボクの言いなりで、尻を撫でられています。サヤカの衣装の下は革ブラと穴開き革パンティを命じ、クラス会の物陰でマ○コを掻き回し、チ○ポにもキスさせました。最低の男だわ…となじっても軽く達し、その夜、サヤカは実家には戻らず、ボクの宿泊するホテルに泊まらせました。☓☓さん、どうか、メス犬スタイルでチ○ポ突っ込んでください、サヤカはあなたの犬です、同級生のアイドルなんかじゃないの、穴責めされて歓ぶ、変態人妻なの…と尻を振り、チ○ポを喰い締めました。