◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年10月9日(金) P/エスニック

精液便所というプレートを胸にぶら下げ、地元の皆さんに輪姦を頼んで廻り、変態ヤリマンとして知れ渡る奴隷妻

◆(目線なしのご希望ですが、細目線を入れさせていただきました:編集部)

街の裏路地、公衆便所、散歩の遊歩道と、どこで声を掛けられても、はい、オマ○コお願いいたします…と膣穴を剥き拡げ、肉棒を突っ込まれ、あぁ、思い切り中に出してください、白濁のチ○ポ汁、たっぷり流し込んでぇ…とデカ尻を振り揺らす他人チ○ポおねだり淫婦の変態色情に調教されている、28歳の愛奴妻、ユウです。

外出には必ず首輪を装着され、縄縛りに乳房を括り出され、裸のボディにはド淫猥文字を描かれていますから、誰にでもハメ犯されるヤリマン若妻なのはおおっぴらに世間に知られています。

また首には常時、「精液便所」と彫られた銀のプレートをぶら下げているので、居酒屋やスナックでも、なぁ、ユウちゃん、相変わらずご主人から変態チ○ポ狂い嫁に教育されて、毎晩、大勢のチ○ポを欲しがって飲み屋を巡るんだね…と嘲られ、はぁん、恥ずかしいわ、ユウは主人の命令に従って、他人棒をねじ込まれるのが失神するほど燃えるマゾ嫁にされてしまったんですもの、皆さん、公衆便所で待ってますから、輪姦をお願いします…と奴隷ピアスの揺れる濡れた性器を拡げて頼みます。

皆さま、精液便所嫁のユウを輪姦しに集まっていただき、ほんとうに嬉しいですわ、主人には底なしの他人ザーメン奴隷の汚辱マゾになって、一生懸命チ○ポに奉仕するんだぞと躾けられて、朝から晩まで性欲が沸騰して膣ビラが開いてるの、どうぞ、群姦チ○ポねじ込んでください…と吸い付き、一人一人の肉棒を舌を使って磨きます。

好きなポーズを遠慮なく命じてくださいね、仰向けでも牝這いバックでも、片足を持ち上げた立ちマンでも、卑猥な格好で突き上げてくださいね…とムンムンと色気を発し、膣肉に埋められた怒張を喰い締めます。

肉便器になったユウさんのオマ○コ、最高に気持ち良いよ、濃い精子を飲ませてやるよ…と次々と交代でのしかかり、膣穴に放出され、はぁん、ありがとうございます、精子がドクドクと子宮に溜まるわ、主人には底なしのヤリマン奴隷になるように言われてるの、何回でも突き泣かせて…と射精チ○ポをまたしゃぶり咥え、便所輪姦を再びおねだりします。