◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年12月2日(水) P/サファイア 

没落の清楚夫人は一日中、SMホテルで浣腸責めに肛門マゾ開発され、裏社会の皆様に奴隷奉仕を泣きながら誓約

◆一等地の邸宅に住む楚々とした奥様でした。今は没落し、土地も家も失い、令夫人の芙美子(仮名)は私が用意したマンションに住んでいます。パーティ会場では、周囲の憧憬の視線を一身に浴び、輝くような気品でした。ご主人の商売が傾き始めると、裏稼業の面々が群れをなして喰い込み、土地家屋、財産などすべて闇組織に食い千切られ、ご主人は破産し、麗しい令夫人、芙美子は私に貞操を奪われ、嫌です、あなたを敬うなんて絶対にできません…と拒んでも、高貴な肢体は素っ裸にされ、細いうなじを首輪に繋がれ、足元に這いつくばる奴隷愛人に堕ちたのです。

うぅ、く、悔しい…と咽んでも、膣肉を指で掻き回され、はぅぅ、芙美子は土地家屋、財産、すべてを失って、☓☓さまの庇護を頼らなければ、裏稼業の奴隷淫売になれ…と脅されております、どうか、☓☓さんのチ○ポ妾として生活させてくださいませ…と口惜しく媚び、男根に吸い付きます。あれほど私を見下し、卑しい目で見ないで…と軽蔑していた令夫人、芙美子は屈辱をこらえ、膣壺に私を迎え入れます。

こんな人でなしの奴隷SEXに殉じるなんて…と悲憤しても、昼間からSMホテルで一日中、性感調教に開発され、奥様、あなたは恥狂いの色情マゾになれる素質がありますよ、サディストを歓ばす素晴らしい敏感肛門だ…と尻の穴を掘じって拡げられ、どれほど慎ましく耐えようとしても、腸内を削り回されてはしたない喘ぎを響かせ、くぅ、助けて、おかしくなってしまいます、こんな惨めな穴を卑猥に変えないで…と懇願しながら肛門絶頂に痙攣するようになりました。

昼間は一日中、浣腸で責め泣かせて性感開発し、夜は金と権力を手に入れた下劣な奴らの交流パーティに出席させられ、相変わらず、見惚れるほど綺麗ですな、芙美子奥様、今は破産した旦那と別れて、☓☓さんに飼われるチ○ポ愛人なんでしょ…とからかわれ、四方からボディを撫でられても振り払うこともできません。

パーティの後、SMホテルの大部屋で催す二次会に皆さんを招待しますよ、気品ある芙美子がどんな牝淫婦に成り果てたか、皆さんで確かめてください…と誘い、ほら芙美子、挨拶しろ…と睨めば、くぅぅ、芙美子は殿方に満足していただくために、オマ○コと肛門を使っていただく淫乱マゾですもの…と艶めいて尻を揺らします。