◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年12月8日(火) P/ピアス5

夫に嘘をついて連れ回される観光地では肛門プラグ丸見えの痴女ミニを穿き、旅館では姦通を仲居に晒す恥辱奴隷

◆言い付けを守って来たよな、見せてみろ…と促せば、くぅ、ご命令どおりしてます、約束を破れば、この観光名所をパイパン花弁丸出しに連れ回すんですもの、拒めるわけないわ…と涙声で呻く不貞征服された奴隷夫人、あすかです。

ごくごく普通の慎ましいパート主婦だったあすかは、豊満な肢体を私に乗っ取られ、心までド淫猥な支配に負け、全身全霊でチ○ポにかしずく絶対服従マゾに調教されてしまったのです。どんなに恥辱に泣いても、私に睨まれ、男根を見せ付けられればその場で土下座し、あぁ、ください、イキ叫ぶまで虐め嬲って…と屈服してしまうのです。

舌を噛み切りたいほど罪の意識に苛まれていながら、婦人会の温泉旅行と亭主に嘘をつき、一目でハレンチ色情狂と蔑まれる生き恥責めの不倫旅行に同行させられます。わきまえた熟女でありながら尻の穴に拡張プラグを埋め、マンビラを世間に露出し、旅館の受付で従業員に、おい、いつもの変態人妻だよ…と蔑まれます。

あぁ、許して、こんな惨めなあさましい姿を仲居さんに見せないで…とすがっても、膣穴に拡張器具を装着され、生々しい襞にローターを埋められ、素っ裸を座卓に括られ、イク寸前まで追い上げられた真っ只中で仲居を呼び、わざと絶頂痴態を目撃させ、ひぃぃ、ごめんなさい、見苦しい熟淫婦にされて燃え狂うマゾ性癖ですわ…と口走ります。

旅館の従業員に嗤い者にされるための宿泊ですから、従業員を呼び、フェラチオに舌を動かし、チ○ポをしゃぶる咥え顔を目撃してもらいます。あぁ、見てください、チ○ポご奉仕の卑猥顔を嘲られるのが気絶するほど恥ずかしくて欲情する変態不貞を躾けれましたの…と恥を忍んで言わされます。

観光地では白昼に男根を突っ込まれた熟れ膣を隠すことは一切許されません。派手にデカ尻を振り乱し、何度もアクメに上り詰めて達します。

旅行から戻れば、控えめな主婦として家族と接するのですが、躰は二日もすれば濡れ疼き、おい、あすか、嬲り者にして世間に見つかりそうに露出姦通してやるから、命じた場所に待ってろ…と電話すれば、ワナワナと全身がよじれ、犯し狂わされるのね、肛門をザーメン便器に使われるのね…と喘ぎ、催眠術に罹ったように待ち合わせ場所を訪れます。淫熟の年齢で色情ミニの尻に肛門バイブが覗いています。