◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

5月1日(月) P/やまびこ 

三十路を迎えた愛人は、ノーパン股間ギリギリのギャル超ミニでパーティに出席し、毎回、バイブ責めに濡れマン検査

◆若作りしていますが、30歳を迎えたザーメン愛人H世です。二十代前半に取引関係の会社で仲良くなり、ズルズルと関係が続いています。

三十路になのよ、若いギャル系の服装は止めたいの…とすがっても、超ミニ・ノーパンは絶対順守で、ドライブは穴開きパンティの肉穴を剥き出しに拡げさせ、汁の音をピチャピチャさせて触りながら移動します。

ねぇ、がまんできない…と言うので、ドライブインでは車内マ○コしてハメ泣かせ、濃いチ○ポ汁を注ぎます。

顔見知りの多く集まるパーティなどでは、H世さん、もう30を迎えるのに、いつも男に媚びる超ミニ・ワンピースで、お尻チラチラさせて、まだ若い娘に負けないつもりよ、さすがヤリマンのお局よね…と嘲られ、あんなに膝を曲げずに屈んで、ヒップの谷間まで視姦されて、あれってノーパンよね、どこまで恥知らずなの…と蔑まれ、羞恥に首筋まで真っ赤にしていますが、会場裏の控室でH世の口にチ○ポを埋めて、しゃぶらせるのが毎回の楽しみです。興奮するチ○ポから精汁をドバっと顔に浴びせてやります。

こんなの、後輩女たちに見付かったら耐えられない…と辛そうな顔に白濁を塗りつけるのが何よりもワクワクして勃起します。

すっかりオレのやり方を覚えて、マ○コの濡れ方が激しいな…とパーティ後に濡れマ○コをじっくり調べ、バイブで虐めてやります。

こんなこと、嫌なの、いつか、後輩OLや関係者に知れるわ…と呻いても、バイブで感じるポイントを責めれば、すぐに股を浮かして跳ね、はふぅん、入れてぇ、マ○コお願い…と好きモノ喘ぎを響かせます。

これからはパーティ会場でもバイブぶち込んだまま腰を振って巡れ…と三十路を過ぎたら、完全な色情露出の視姦マニアになるようにバイブを操り、ひぃぃ、もっと激しい露出熟女になります、見られ好きで評判の淫乱になります…と躰が羞恥発情するようになりました。