◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年7月27日(月) P/冒険人 

商家のお嬢様は実家に出戻り、元の使用人に乳房縛りの奴隷マゾ女にされて牢獄で姦通調教される恥泣きバツイチ夫人

◆商家のお嬢様の貴久子さんです。私はそこで働く従業員でした。心の底から憧れ、惚れていました。しかし身分違いの恋が実るはずもなく。喜久子は家柄の良い老舗に嫁ぎました。しかし十年ばかり過ぎ、嫁ぎ先と上手くいかず、実家に出戻ってきました。貴久子は離婚夫人となってのです。

出戻ってきた実家も経営に失敗し、使用人の私が実権を握り、実質上は私が乗っ取った形になっていました。他の従業員も目を付けられたら排斥されるので、誰も私に抵抗できず、私はワンマン独裁者として君臨していました。

ある夜、貴久子を組み伏せ、力ずくに犯して私の女にしましたが、気付いているはずの実家の面々、使用人たちも見て見ぬふりで時間が過ぎ、出戻り嫁の貴久子は私の男根を咥えて暮らす女になったのです。

商家の事務所にいても、貴久子はブラジャーを許されず、乳首にテグス糸を巻かれ、朝から晩まで乳房緊縛されて、従業員から丸見えの乳房で仕事しています。奥に来い…と呼ばれ、はい、かしこまりました…と返事し、皆に盗み見られて真っ赤に羞じながら隣室の私の股間に正座し、くぅ、専務様のおチ○ポを舐めさせていただきます…と唇に含みます。昨晩は、夜通し何発チ○ポに叫んだか、答えろ…と迫られ、はんぅ、オマ○コで3回、お尻の穴にアクメを4回させていただきました…と恥辱の報告をさせられる出戻り離婚奴隷です。

乳首が敏感で指でひねり潰すだけで、ぐぅぅ…とのけぞり、貴久子はあなたの乳房ペットにしていただきますわ…と乳房を揺らし、デカ尻を振り乱します。最初から私の嫁になっていれば、もっと歓ぶ超変態のオッパイ嫁に仕込んで、ザーメン漬けに鍛えてやったのにな…と仕事中は常に虐め嬲ります。

貴久子の寝室は牢獄に改造し、他の男の処に嫁に行った罰だぞ、処女をそんな野郎に捧げた償いに、一生、牢獄に繋がれて私に監視されて暮らせ…と縛り上げ、肉壷をえぐります。ひぃぃ、あなたのような元使用人にかしずいて暮らすなんて悔しいわ、恨みます…と咽びながら、被虐発情に濡れ盛り、喜久子、おまえはマゾ奴隷の素質、最高だぞ、嬲られ淫婦らしく、朝昼晩とチ○ポ汁を飲め…と精子を飲むのを日課にし、素晴らしい奴隷女を手に入れました。